その他のソフト作品


アプリケーション構築ツール『ApBuild Workshop』

 
プロジェクト選択画面 実行結果画面

========================================================================
【ソ フ ト名】 アプリケーション構築ツール『ApBuild Workshop』 Ver1.01a
【登 録 名】 apbw101a.zip
【バイト 数】 約450K Byte
【著作権 者】 JR4QPV T.Yokobayashi(e-mail: jr4qpv@nifty.com)
【掲 載 者】 JR4QPV T.Yokobayashi(e-mail: jr4qpv@nifty.com)
【Home Page 】 http://homepage1.nifty.com/jr4qpv/
【動作 環境】 WindowsXP/2000, IBM PC/ATと互換機
【掲 載 日】 2006/10/15
【ソフトウェア種別】 フリーソフト
【転載 条件】 事前にメールをください。
========================================================================
【ソフト紹介】
 「ApBuild Workshop」は、DOS窓環境のPATHや環境変数の設定を支援するツールで、開発プロジェクト別に、設定する環境変数を管理できます。
 一般的にDOS窓で使用するコンパイラなどのソフトを実行する場合には、環境変数やパスを設定しておく事が必要です。本ツールでは、これらの環境設定を、開発環境に合わせていくつか登録ができ、切り換えて使う事ができます。
 更に、本プログラムをネットワーク上で共有することで、これらの環境設定を共有でき、従来それぞれのパソコンで個別に環境設定していたものが不要となり、開発プロジェクトのチーム員のあいだで、開発環境が共有できます。

 又、DOS窓から実行するmake.exeなどのコマンドをWindowsのGUIからボタンクリックだけで実行できる機能も備えています。その時の実行結果を、ウィンドウ上に表示記録し、画面からスクロールして消えてしまった行をさかのぼって見ることもでき、その画面上のエラー検出行をダブルクリックする事でタグジャンプ(ファイルを開いてその行にジャンプ)できます。
 DOS窓による開発環境のプラットフォームとしてご利用ください。

■ 動作環境
 ・WindowsXP,2000
  ※NT,ME,98,95でも一応動くと思いますが、推奨しません。

■ インストール方法
 ダウンロードしたファイルは、ZIP形式で圧縮されていますので解凍します。
(WindowsXPでは、標準でZIPファイルは参照できますが、その他のOSの場合は、Lhasaやlhacaなどの解凍ツールを入手して解凍してください)
 解凍した ApBuild のフォルダをそのまま c:\ などにコピーしてください。

■ プログラムの起動方法
 インストールした先の ApBuild.exe のファイルを、エクスプローラなどから実行します。デスクトップなどにショートカットを作成しておくと便利です。

■ プログラムの使用方法
 プログラムを起動して、「ヘルプ」→「ドキュメントファイルの表示」で、ドキュメント(ApBuild.txt)を参照ください。

■ ダウンロード

リストマークapbw101a.zip 458,974Byte  ←ダウンロードはこちら
※Vectorサイトからのダウンロードは下記URL
 http://www.vector.co.jp/soft/winnt/prog/se412447.html

 ApBuild Workshopでの開発環境の構築例 

(1)Borland C++ Compiler 5.5 (PCパソコン用C/C++コンパイラ)
(2)DevkitAdv (任天堂GAMEBOY-Advance用C/C++コンパイラ)
(3)DevkitARM (任天堂GAMEBOY-Advance用C/C++コンパイラ)

●作者が公開している他のオンラインソフト紹介